有名すぎてランキング外だけど観ておいたほうがいいおすすめアニメ

スポンサードリンク

アニメがタダで見れる2週間の無料トライアル

 

当ブログのコンセプトとして

「アニヲタには常識だが、一般人には知名度がないアニメのランキング」

としています。

 

なので、有名なアニメはランキングからは除外しております。

まさか万一にも視聴していない日本人はいないと思うが、一応紹介しておきます。

 

銀魂

銀魂

天人(宇宙人)が来襲して、突如価値観が変わってしまった町、江戸。
宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界で、
変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。

男の名は坂田銀時。通称、万事屋・銀さん。
いい加減で無鉄砲、おまけに筋金入りの超・甘党。
でもキメるところはさりげなくキメたりして…。

笑えて、泣けて、心温まる、銀さんとその仲間たちの生き様、得とご覧あれ!

(公式より)

 

 

原作は空知英秋氏によるマンガであり、週刊少年ジャンプで2004年から連載されている快作。

アニメも300話を超え、劇場版や海外でも放送されている有名作品。

基本ギャグアニメだが、バトルシーンを含めたシリアスなシーンとのバランスが秀逸。

ギャグはドタバタあり、キャラ重視あり、パロディありと比較的万人受けするものではないだろうか。

人気キャラクターも数多存在し、男性キャラ女性キャラ特殊キャラのバランスも素晴らしい。

まさか全く観たことがない人はいないと思うが、1話から視聴するとしたらかなり骨の折れる作業となるかも。

 

ジョジョの奇妙な冒険

アイキャッチ

19世紀後半、人々の思想と生活が激変していた時代に出会った、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドー。

2人は少年時代から青年時代を共に過ごし、やがて「石仮面」を巡って数奇な運命を巡ることとなる。

(公式より)

 

原作は荒木飛呂彦氏によるバトルホラーマンガ。

1987年から週刊少年ジャンプで掲載されている超大御所作品。

ウルトラジャンプに移った後も連載は10年以上続き、もはや漫画界のリビングレジェンド。

英米文学を翻訳したようなセリフ回し、波紋・スタンドといった独特なバトル方法、的確なのかよくわからない擬音、ジョジョ立ち等特筆すべき点は枚挙に暇がない。

誰しも1度は読んでおかなくてはいけない作品なので、マンガはすでに100巻を超えている。

尻込みしているようならぜひ、アニメ版をおすすめします。

今ならまだ間に合う。

 

銀河英雄伝説

アイキャッチ

宇宙暦796年/帝国暦487年。

ラインハルト・フォン・ローエングラムは2万隻の艦隊を率いて自由惑星同盟領に進攻した。

同盟軍は帝国軍に倍する4万隻の艦隊をもってこれを迎え撃つ。

誰もが同盟有利を疑わず、帝国軍の内部からも撤退の声が上がる中、ラインハルトは同盟軍艦隊が集結するのを待たずに急進。

第四、第六艦隊を各個撃破戦法にて葬り去る。

意気の上がる帝国軍は、残る第二艦隊へと矛先を向けるが、そこにはラインハルトの戦略を見抜く、ヤン・ウェンリーの存在があった……。

(公式より)

 

原作は田中芳樹氏が得意とする壮大なストーリーからくるSF小説。

本伝4期110話+外伝2期52話+劇場版ととんでもない長さ。

だが、性格や出生、立場などが異なる2人の主人公を据えるなど決して飽きることがない。

帝国軍の誇り高き軍人たちや同盟側の愉快な仲間たちなど注目すべきキャラクターも豊富。

一生に1度ならず、数度は観ておくべき数少ないおすすめアニメの1つ。

理路整然としたセリフの掛け合い、大宇宙を舞台としたダイナミックな戦略、歴史・政治・経済を学んでいるかのようなストーリー展開など見どころは多い。

また、もう2度と集まらないだろうと言い切れるほど豪華な声優陣も見逃せない。

 

HUNTERXHUNTER

HUNTER×HUNTER

12歳のゴンは父と同じハンターになるため、育ての親であるミトさんとのある約束を果たし、ハンター試験の旅へと出た。

試験会場へと向かう船で、ゴンは同じハンター志願者のレオリオとクラピカに出会う。

彼らはお互いを良く思わず、いざこざが始まってしまい・・・。

(公式より)

 

原作は「冨樫仕事しろ」でお馴染みの冨樫義博氏によるマンガ。

アンケート至上主義の少年ジャンプにおいて、休載による休載を重ねてもなお、圧倒的な人気を誇る。

オタキングこと岡田斗司夫氏は生きてるうちに完結して欲しいと言い、お笑い芸人有吉弘行氏はアニメシリーズをHuluで一気見したという。

1999年版と2011年版があり、おすすめするのはやはり蟻編のある2011年版であろう。

一部強キャラのインフレが過ぎるとの意見もあるが、やはり緊張感や衝撃の多さはシリーズ随一ではなかろうか。

声優陣も実力派が揃い、曲が長らく変わらない点を除けば、かなり完成度の高い作品といえるだろう。

 

けいおん!

けいおんk-on

 

春、新入生がクラブを決めるころ

田井中律は幼馴染の秋山澪を連れて軽音部の見学に行く。

しかし部員全員が卒業してしまった軽音部は、あらたに4人の部員が集まらないと廃部になってしまうという。

琴吹紬という仲間を加えて、最期の一人をさがしているころ、「軽音部」を軽い音楽と勘違いしていた楽器初心者・平沢唯が入部してくる。

(公式より)

 

原作は「まんがタイムきらら」で連載されていた、かきふらい氏による4コマ漫画作品。

漫画の知名度は世間的にははっきり言って皆無だったため、アニメ化の大ブレイクで最も驚いたのは関係者ではなかろうか。

例によって男性キャラがほとんどいないアンバランスな世界だが、その人気は既存の男性キモヲタのみならず、実際の女子中高生にまで及んだという。

残念ながら2期の中盤からの中だるみ感は否めないが、グッズの売上や声優陣の爆発的な人気、映画化などちょっとした社会現象にもなっている。

ちなみに、辛口映画批評でお馴染みの映画評論家宇多丸氏(兼ミュージシャン)も絶賛している。

一見の価値あり、おすすめです。

 

スポンサードリンク

アニメがタダで見れる2週間の無料トライアル

 

2016年3月1日 有名すぎてランキング外だけど観ておいたほうがいいおすすめアニメ はコメントを受け付けていません。 殿堂入りアニメ