1999年以前の殿堂入りおすすめアニメ【おすすめ順】

 

アニメ視聴でオススメの動画配信サービスの紹介はコチラ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://opt-c.com/

 

アニメランキング50位~31位

アニメランキング30位~21位

アニメランキング20位~11位

アニメランキング10位~1位

有名すぎてランキング外だけど観ておいたほうがいいおすすめアニメ

 

スポンサードリンク

 

カウボーイビバップ

SFアニメといえばカウボーイビバップ、そういった声も聞こえてきそうなこの作品は、サンライズが作成したテレビアニメです。
舞台は2071年の火星を含む太陽系、そこに宇宙船ビバップ号に乗った賞金稼ぎスパイク・スピーゲルが乗り込んでくるところが始まりです。
一度見れば、独特なセリフや一瞬で印象に残るハードボイルドな映像、そしてアクション・サスペンス・コメディの全てが押し込められている世界観に一気に引き込まれます。
中心となった制作スタッフは、ガンダムシリーズやマクロスシリーズから選りすぐって集められ、
監督の渡辺信一郎自ら選曲をしていくという徹底ぶりからも、本気度合いがうかがえます。
サウンドトラックは第13回のアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

 

カードキャプターさくら

少女漫画雑誌のなかよしに連載されていたカードキャプターさくらは、1998年4月から1999年6月まで全46話がNHKで放送され、一大ブームを巻き起こした。

主人公の小学校4年生・木之本桜は不思議な本を父の書庫で発見する。

その中に封印されていた獣ケルベロスが覚醒。

封印が解かれてしまうと世界に災いをもたらすというクロウ・カードを集めるために、桜はケルベロスや親友の知世、リ・シャオランたちとともに奔走する。

監督はこの作品で一躍アニメ界の寵児となる浅香守生。

この作品をきっかけに数々のヒット作を手がける名監督となる。

制作したマッドハウスにとっても、それまでの通好みの会社というイメージから脱却してライトなアニメファン向けの作品の制作も可能であることを証明した画期的な作品となった。