2017年のおすすめアニメ【おすすめ順】

 

アニメ視聴でオススメの動画配信サービスの紹介はコチラ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://anime-doga.com/

アニメランキング50位~31位

アニメランキング30位~21位

アニメランキング20位~11位

アニメランキング10位~1位

有名すぎてランキング外だけど観ておいたほうがいいおすすめアニメ

 

スポンサードリンク

 

異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜

古都アイテーリアで衛兵として働くハンスが、同僚のニコラウスに連れて行かれたのは、居酒屋「のぶ」という名の不思議な酒場だった。期待を膨らませるハンスの前に出されたのは、透き通る黄金の酒「トリアエズナマ」、そして見たこともない温かな料理「おでん」だった。(公式より)

 

蝉川夏哉氏によるライトノベルが原作。本作はWebアニメとして配信、後にBS11にて全国テレビ放送された。ちなみに実写ドラマも品川ヒロシ氏監督・脚本で制作、放送。

「トリアエズナマ」要するにビールのことだが、中世欧州風の異世界から見た居酒屋を紹介する展開が面白い。あらためて日本の大衆居酒屋の素晴らしさが再確認できる。

作中に紹介された料理を実際作ったり、居酒屋に食べ歩いたりする「のぶ+(プラス)」にも注目。異世界✕グルメ作品は数多く発表されたが、その中でも特におすすめ。

 

スポンサードリンク

 

けものフレンズ

超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこには世界中の動物が集められ、研究・飼育が行われていました。

ある日、神秘の物質「サンドスター」の影響で、動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガール」へと変身!
いつしか彼女たちは“フレンズ”と呼ばれるようになり、ジャパリパークの新たな主として、にぎやかに暮らすようになりました。

しかしジャパリパークにはフレンズの登場とほぼ同時期に「セルリアン」と名付けられた謎の生物も出現するようになり……。(公式より)

 

けものフレンズプロジェクトによる「けものフレンズ」を原案とするオリジナルストーリー。オープニングに「けものはいてものけものはいない」という衝撃的なフレーズを引っさげ、見事大ヒット作品となった。

岡田斗司夫氏や東浩紀氏など名だたる評論家が序盤で酷評したのに対し、ネット界隈では徐々に盛り上がりを見せ、結果的に一般人にも届きうる「けもフレブーム」を巻き起こした。

実際の動物園のスタッフが動物の特徴などを解説してくれるコーナーを設けるなど、子供や動物好きにもリーチをかけている。また、擬人化した動物を全て少女とし、当然既存のヲタたちもフレンズとして巻き込んだ。

ちなみに2期が悲惨な事になったのは皆さんご存知、知らない方は各自ググってみて下さい。

 

賭ケグルイ

私立百花王学園は表向きは普通の名門校だが、実態は生徒の序列をギャンブルで決めるという掟が支配する学園。

鈴井涼太はクラスで一番ギャンブルが強い早乙女芽亜里から家畜のような扱いを受けていた。

そんな鈴井のクラスに、黒髪の美少女・蛇喰夢子が転校してくる。
まだ学園の掟を知らない夢子に対し、さっそく芽亜里は投票ジャンケンというオリジナルギャンブルで勝負を申し込む。(公式より)

 

原作は河本ほむら氏による尚村透氏の漫画作品。

校内であらゆるギャンブルが日常的に行われるという設定。負けた生徒は奴隷同様の扱いを受けるという学園版カイジ。

見どころはギャンブルのよる極限の精神状態時の顔芸。

実写映画版はそこそこの再現度で、なかなか綺麗どころも出演しているのでオススメ。

 

 

スポンサードリンク

 

十二大戦

十二年に一度行われる十二大戦。出場戦士全員が殺し合い、最後の一人まで勝ち残った者は、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができるという。
亥の戦士・異能肉(いのうのしし)は、「湯水のごとく(ノンリロード)」というスキルを武器に、優雅に戦い抜くことを誓うが、思わぬ形で最初の敵と対峙することになる。
(公式より)

 

「物語シリーズ」でおなじみ、西尾維新氏による小説が原作。よくある優勝者にはなんでも願いが叶うというバトルロイヤルもので、架空の世界のバトルファンタジー。

凡百の能力バトルアニメと違うのは、西尾作品特有の各キャラクターの個性が極めて強いこと。誰が勝ち残り、どんな願いを叶えるのかも当然、見どころの1つ。

一応12話で完結しているので、同原作者のファンで「物語シリーズ」とは違ったテイストを楽しみたい方におすすめ。ちなみにランク入りしている同原作者作の「刀語」もおすすめ。

 

クズの本懐

高校二年生の安楽岡花火は、成績優秀、品行方正な優等生。そんな彼女は、同級生の粟屋麦と、ある「秘密」を共有していた。
恋ってそんなに美しいものですか?
これは、誰よりも純粋で誰よりも歪んだ純愛ストーリー。
(公式より)

 

原作は横槍メンゴ氏によるマンガ。スピンオフの連載や実写TVドラマの放送されたスマッシュヒット作品。

開始数分で主要人物2人の状況が理解でき、全体的に非常にわかりやすいストーリー展開。その後タイトル通り、登場する様々なクズたちがそれぞれの本懐(恋愛観)を提示しながら話が進む。

もっとドロドロした恋愛話を想定していたが、性描写もそれほどキツくなく、思ったよりライトな感じで見れた。というより、現実世界のほうがよほどクズたちが横行し、本懐を晒している気がしないでもない。

 

スポンサードリンク

 

ACCA13区監察課

13の自治区に分かれたドーワー王国。その平和は巨大統一組織“ACCA(アッカ)”によって守られていた。
ACCA本部監察課副課長ジーン・オータスの仕事は、13区を不定期に廻り、不正がないか視察すること。
だがある日、ACCAトップの5長官により、監察課の廃止が告げられる。平和な時代が続き、存在意義を失いつつあることが理由だった。
そんな中、ジーンはファーマス区の視察に向かうが……。(公式より)

 

原作はオノ・ナツメ氏による「月刊ビッグガンガン」連載のマンガ。なかなかの人気作であり、スピンオフや舞台なども発表されている。

初期の設定から徐々に新事実が明らかになっていき、最終的には巨大なテーマとなっていく。主人公「もらいタバコのジーン」を中心に切れ者たちがトンチを働かせる群像劇。

派手なアクションもなく淡々とストーリーが進んでいくが、限られた話数の中できっちりと完結し、伏線も回収しているところが高く評価されているアニメ。

また、頻繁に出現するスイーツはじめ飯テロシーンも見どころの1つとなっている。個人的には大の嫌煙家なので、せっかくの料理が台無しだななどと思ったりもするが。

 

スポンサードリンク

 

幼女戦記

“其れは、幼女の皮をかぶった化物――。”

 

原作はカルロ・ゼン氏による同名のオンライン小説からのライトノベル。漫画、アニメ、映画化され海外ヲタ勢の評価も高い。

もともと能力の高い幼女かと思いきや、エリートサラリーマンのおっさんによる転生モノであった事にやや肩透かし。しかも主人公無双系かと思ったが、巻き込まれ型のストーリーなのも予想外であった。

戦闘シーンなどそれなりに見ごたえはあったものの、劇場版ありきでアニメ版を作ってる感じが印象悪い。

 

スポンサードリンク

 

月がきれい

小説家志望の文芸部員、小太郎。茜は陸上部で短距離走専門。

中学3年になり、初めて知り合った2人。

家族と食事に出かけたファミレスで出くわしたり、運動会の用具係で一緒に作業したりが続き、互いを意識し始める。(公式より)

「フィール」というアニメ制作会社が作った完全オリジナルアニメ。中学生の真面目な恋愛話ということで、じれったさ全開でストーリーが進む。

各タイトル名に小説の題名が使われたり、主人公の心情に太宰治の文面が引用されたりと、そのウジウジした恋愛はよく言えば純粋な青春、悪く言えば普通に気持ち悪い。

挿入歌には村下孝蔵の「初恋」やCharaの「やさしい気持ち」など名曲を何故か先生役の東山奈央が歌う。

真剣に視聴すれば最終話は感動・・・となるんだろうが、筋斗雲にも乗れないどす黒い心のヲタ共は、まあ無理だろうな、ワイも含めて。

 

魔法使いの嫁

この世界で生きることを投げ出そうとした15歳の少女、羽鳥チセ。
彼女はオークショニアの誘いに応じ、自分自身を商品とし、 闇の競売会へ出品する。
ヒト為らざる魔法使い、エリアス・エインズワースに500万ポンドの値で買われ、将来の「花嫁」として迎えられたとき、チセに見えていた世界の姿が変わり始める──。(公式より)

 

原作はヤマザキコレ氏によるマンガ。アニメは同氏原案による完全オリジナルアニメーションとして「WIT STUDIO」により制作された。

魔法に妖精とハリーポッターのようなファンタジーな世界観に、他に類を見ない設定とキャラクター。序盤での展開は生涯ランキング上位を期待させた。

しかし終わってみれば大きな衝撃もなく、ただ淡々と24話のストーリーが進む凡アニメ。ドウシテコウナッタ?

原作マンガもバカ売れし、数多くの賞を取ったからと言って、アニメもハマるとは限らないんだなあ。

 

アニメ視聴でオススメの動画配信サービスの紹介はコチラ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

2016年1月2日 2017年のおすすめアニメ【おすすめ順】 はコメントを受け付けていません ランク圏外